根管治療

歯の中には一般的に「歯の神経」(「歯髄(しずい)」と呼ばれる軟かい組織)が入っています。

大きい虫歯によってこの歯髄が感染してしまうとひどい痛みが出たり、歯ぐきが腫れたりします。このような場合に歯を残すためには、感染した歯髄を取り除き歯髄が入っていた根の管の中をきれいに洗浄・消毒し、きっちり詰めるという治療が必要になります。
これが根管治療といわれるものです。

 

歯を支える土台(根管)の治療なので、この治療が疎かになればいくら綺麗な被せものを入れても機能させることができません。このように根管治療は歯の寿命に関わる非常に大切な治療なのです。

しかし、根管は細いだけでなく途中で大きく曲がっていたり枝分かれしていたりと非常に複雑です。肉眼ではハッキリと見えない場所であるため、従来は手探りで根管治療が行われていましたがその精度には限界があります。

 

近年では、患部をマイクロスコープという医療用の顕微鏡を使い、肉眼では見ることのできない細かい部分まで確認できるようになりました(マイクロエンド)。また、従来より用いられてきた器具よりも弾力性のあるNiTi(ニッケルチタン)ファイルという器具を用いることにより、より効率的な根管治療が可能となりました。

 

当院でもマイクロスコープ、NiTiファイル等を導入し、より精度の高い根管治療を行えるよう努めております。

また歯髄の感染が大きいケースでは、炎症が歯を支えている歯槽骨にまで及ぶことがあり、一般的な根管治療では治癒しないという場合も少なくありません。このような場合は外科的な根管治療を選択することがあります。

 

外科的処置の一つである根尖切除は、患歯付近の歯肉を切開し、炎症を起こしている組織と歯根の先を一緒に除去し先の方から根管を封鎖する処置です。

 

このような処置にもマイクロスコープを用いることにより治療の精度はより高くなります。また極薄のメスおよび極細の針糸を用いることより、治りが早く患者さまの負担が少なくて済みます(マイクロサージェリー)。

menu 医院紹介 一般歯科・予防歯科 小児歯科 根管治療 歯を美しく見せるために 訪問診療 求人募集 椿本歯科医院BLOG
アクセス


大きな地図で見る

〒639-2164
奈良県葛城市長尾101−1

詳しくはこちら